全量買取制度について

全量買取制度についてのご説明・御社にとってのメリットを、
ご提案させていただきます!

全量買取制度とは?
事業所などの非住宅における太陽光発電システムを導入し発電した電力全てを、電力会社に一定の価格で買い取ることを義務付ける制度。

◆正式には「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」で、平成23年3月11日午前に閣議決定、8月26日に法案成立しました。2012年7月1日より施行されています。

再生可能エネルギーで発電した電力を、電力会社が固定の価格で買い取ることを義務付ける制度のことで、 一定の条件を満たす場合に、発電した電力の全量を一定の期間・価格で買い取るため、全量買取制度と呼ばれます。

対象となる再生可能エネルギーは、太陽光発電、風力発電、地熱発電、中小水力発電と、バイオマスの5種類で、このうち太陽光発電に関しては、全量買い取りは10kW以上となっており、10kW未満の(いわゆる住宅用)の場合、現状と同じ余剰電力の買取が適用されます。

買取価格と買取期間に関する情報は、経済産業省資源エネルギー庁ホームページ「なっとく!再生可能エネルギー」をご確認ください。

御社の遊休地が収益になる!空きスペースが発電所になる
設置場所の例
太陽光発電システムで作られた電力は、電力会社が販売する電力価格よりも、高い値段で買い取ってもらえる可能性があります!
神戸の太陽光発電ニシムラ施行センターでは、御社にとって最適なパネルメーカーを選定し、最も効率のいい発電プランのご提案をさせていただきます!
私たちに、ぜひ、お任せください!
神戸の太陽光発電ニシムラ施工センターでは、太陽光発電の設置をご検討中のお客様の疑問や質問に素早くお応えしております。
どんな些細なことでも結構ですので、太陽光発電の専門スタッフに御相談下さい!
創業40年 地域密着で歩んできた実績があります。

ページの先頭へ