太陽光発電の開始濃い選び方・買い方マニュアル


屋根材で変わる、工事コスト。


太陽光発電パネルの設置と密接な関係があるのが、屋根材です。屋根材には多くの種類があり、それぞれで工事コストが変わってきます。つまり、屋根材の条件によって、太陽光発電システムの値段が変わってしまうのです。たとえば、『寄棟(よせむね)』という屋根の種類がありますが、その寄棟の代表的な屋根材に、『スレート』というものがあります。(スレート平板瓦、カラーベスト、コロニアルと同義)また、『切妻(きりづま)』という屋根の種類には、『瓦』が屋根材として多用されますし、屋上が平面造りの屋根『陸屋根(りくやね・ろくやね)』には、屋根材として『コンクリート』が代表されます。ご自宅の屋根材によって、工事方法や工事時間まで全く違ってきます。

<工事の概要>
□陸屋根・・・大半の場合、コンクリートの基礎土台の設置からスタートする。時間がかかるうえ、高い技術が必要になる。
□瓦屋根・・・既存の瓦をめくり補強を施す。設置する金具は瓦の種類ごとに替わり、部材も高価である。
□カラーベストの屋根・・・屋根材をめくる必要がない。ビス(ネジ)を直接打てる等のメリットはあるが、工事後の雨漏りが非常に多い。

工事の技術を要し、時間がかかるのは、陸屋根→瓦の屋根→カラーベストの屋根となり、またこれらは費用に比例しますので、工事金額が高いのは、陸屋根→瓦の屋根→カラーベストの屋根の順であるといわれます。

後述しますが、工事には注意してください。事実、見積りで工事金額を非常に削っている販売店は、信頼に欠けます。工事を疎かにすると、設置後のトラブルの原因となりますし、太陽光発電システムも家屋も、両方にダメージを与えることになります。
工事費には技術料も含まれていると認識していただいて、見積もりをチェックするとよいでしょう。

投稿ナビゲーション


兵庫県全域・神戸市・灘区・東灘区・須磨区・垂水区・西区・北区・中央区・明石市・姫路市・三木市・西脇市・西宮市・尼崎市・三田市・宝塚市にお住まいの方で、太陽光発電システムの設置をお考えのお客様は、当社の専門スタッフが、現地調査・施工プランの提案をさせていただきます。ご相談・現地調査または見積依頼からお申込みください。

私たちに、ぜひ、お任せください!
神戸の太陽光発電ニシムラ施工センターでは、太陽光発電の設置をご検討中のお客様の疑問や質問に素早くお応えしております。
どんな些細なことでも結構ですので、太陽光発電の専門スタッフに御相談下さい!
創業40年 地域密着で歩んできた実績があります。

ページの先頭へ