太陽光発電の開始濃い選び方・買い方マニュアル


動物も嬉しい?太陽光発電


実は太陽光発電は、動物にとって住みやすい環境を提供しているのです。原因は、隙間です。太陽光電池と屋根は、隙間なく接触しているように見えますが、実は5cm程度の隙間が空いており、その中にはスペースが広がっているのです。ここからハトや小鳥などが入り込み、巣を作ります。その巣は大量の草や葉、小枝を持ち込んで作りますが、この状態が太陽光発電にとって好ましくない状態になるのです。
まず、パネルは熱に弱く、パネルと屋根との隙間は、風通しの役目を果たしています。しかしこの隙間に、小鳥などが入って巣作りをします。そのため、隙間がなくなります。つまり、熱がこもってしまい、発電効率に悪影響を及ぼす可能性があるのです。
次に、強度の問題です。パネル表面側は硬い素材なのですが、裏側のバックシートという部分はあまり強度がありません。ここを小鳥などが傷をつけると、『地絡(ちらく)』といって、漏電する可能性や、ケーブルを傷つけ、そこから草や葉などに引火して火事を起こすケースもゼロではないのです。

また『リス』の存在も厄介です。
リスの中でも大型の『タイワンリス』の被害が、関東の一部では増加しているようです。これはもともと観光用として台湾から輸入し、放されて帰化したもののようですが、現状把握されているだけでも、神奈川県・静岡県・大阪府・和歌山県・長崎県で観光用として放したようで、今後、生息地域は拡大していくと予想されます。

リスには、樹木などを噛み、前歯が伸びすぎるのを防ぐ習性があります。最近、タイワンリスが太陽電池の下に入り込み、電線をかじった挙句、システムを故障させたという事例があります。これを未然に防ぐためには、『パネルの周りを網で囲いこむ』などの処置があります。もし、ハトや小鳥が飛来してくる頻度が高い、リスなどの小動物をよく見かけるということがあれば、販売店や施工業者に事前に相談をし、対策を練る必要があるかもしれません。
これまでに述べたような事柄を意識しておけば、設置前のチェック、さらにはメーカーや販売店などへチェックすることなども明確になり、太陽光発電の円滑な設置ができます。ベテランの販売店や施工業者であっても、見落としがあるものと考え、事前にこちらからもチェックをすることを勧めます。

投稿ナビゲーション


兵庫県全域・神戸市・灘区・東灘区・須磨区・垂水区・西区・北区・中央区・明石市・姫路市・三木市・西脇市・西宮市・尼崎市・三田市・宝塚市にお住まいの方で、太陽光発電システムの設置をお考えのお客様は、当社の専門スタッフが、現地調査・施工プランの提案をさせていただきます。ご相談・現地調査または見積依頼からお申込みください。

私たちに、ぜひ、お任せください!
神戸の太陽光発電ニシムラ施工センターでは、太陽光発電の設置をご検討中のお客様の疑問や質問に素早くお応えしております。
どんな些細なことでも結構ですので、太陽光発電の専門スタッフに御相談下さい!
創業40年 地域密着で歩んできた実績があります。

ページの先頭へ